www.bestastrologysites.com
よくある初めての方向けの外為取引の本では「損が生まれた場面ではナンピン買いをすることによってポジションの平均を価格を抑える」等と述べられているが実際はそれは目に見えない罠が潜んでいます。まずはじめに、ナンピン買いのやり方について易しく記述します。ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いですので円安ドル高に動くほど利益が出ますが95円までドル安が進んでしまったとします。このままポジションを所有し続けたら、マイナスをなくすためには損した分円安ドル高が進まなければなりません。皆さん、赤字はなるべく早く取り戻したい思うでしょう。この状況を変えるため最初に注文したのと同じ分の$を、エントリーします。そうしたら、全体の価格は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。結果として、2.50円の幅で円安ドル高が進めば、損失を失くすことが出来ます。これが、ナンピン買いの仕組みです。ナンピン買いの手法を耳にすると、「なるほど」と考えたりするが、マーケットはそう簡単には思うようにはいきません。95円が底だということなどなんびとも分かるわけがありません。もしも、為替が相当に強い円高地合であるならば1ドル95円では収まらず、更に一段の円高ドル安に進む可能性がある。仮定として、97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず1ドル=95円までドル安が進んだら、ナンピン買いした分についても、損が生まれることになってしまいます。その状態では、一番初めに売買したドルと一緒に、ダブルで損失を被ります。それゆえ、ナンピン買いは難解です。それならば、為替が筋書きとは逆にどんどん向ってしまった場合どういう手段で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。そういう時には取れる選択肢は2つしかありません。まずひとつは潔くあきらめて損失を確定する事です。もうひとつの手段としては、現在、あなたが所有しているポジションを小さくする事によって再び相場がリカバリするのを大人しく待機する事です。少し後ろ向きな手段だとおっしゃる人もいるでしょう。しかしながら、自分が保持しているポジションに損が生まれた場合一番危険の少ない手段はこの2つ以外にはありません。無論、理論上はナンピン買いするという術も有効です。けれどもナンピンは、あなた自身が損失を披っている状態にもかかわらずポジションを減少させるどころか、遂にポジションを積み重ねていく方法です。この考え方では、危機を管理することなど、無謀だ察するべきです。ナンピンをしていけばいずれは損を取り返せるかもしれません。だが、それ以前に資金がショートしてしまうだろう。